情熱のワイン。ジェイコブス・クリーク、クール・ハーベスト醸造者レベッカさんはドゥカティに乗っている。

オーストラリアのリーズナブルなワイン「ジェイコブス・クリーク」私も度々頂いておりますが、そこの大手ワインメーカーの造り手、レベッカ・リチャードソンさんを紹介している映像です。


14歳の時、フランスを旅した時に出会ったスパークリングワインが彼女の人生を決める事になったそうです(14歳!)
いくつかの有名なワイン生産者に指導を受けながら、オーストラリアのニューサウスウェールズ州にある公立大学チャールズ・スタート大学(Charles Sturt Universiti<CSU>)で学位を取得し、その合間を縫ってオーストラリア国内外のワイン産地で働いた・・・凄い情熱家です。
スパークリングワインに夢中な彼女は同社のクール・ハーベストを製作しているんだそうです。あまり見ないけど、イオンリカーで時折取り扱っているみたいです。味はフルーティー。軽くて炭酸を多く含んでいるようです。なんでも夜の気温の低い時にぶどうを摘むんだそうだ。冷たいぶどうから造られるワインはフレッシュでキレがあるとイオンリカー自由が丘さんは仰っている。う〜飲んでみたい。お値段は1280円〜だそうです。
jacobscreek_cool_harvest_

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。