菅生 カタナVS カタナ!

83年スズキGSX750Sカタナに油冷エンジンを積んだpinkcherrycustumさんの動画です。画像は1分50秒辺りから、カタナが顔を出した所です。これは盛り上がります。ああ・・・何てカッコいいんだ・・・

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. cjjfish より:

    かっちょいーカタナ乗りですね!一昨年志賀草津ルートでラット・カタナ(ホント小汚かった)と遭遇ことがあります。ライダーのバトルスーツもラット系、トゥーカッター風のかなり小柄な少年っという感じの人でしたが,これが速いのなんのって(ビックリ)動画の先行する人みたいな膝の出し方で、下り勝負だったので12Rのブレーキ性能を信じて追いかけましたが置いて行かれました(涙)

    「キリン」観てきました。正直に感想を言えば「ガッカリ」でした。法治国家の公道で撮影したんだからしょうがないですね。バトルシーンが法定速度内なのが見え見え(背景の流れや白線の飛び方で)なので観ていて辛かったです。偉そうなこといって申し訳無いのですが200Kmオーバーでのバトル経験者なら「ハイスピードであのレーンチェンジの仕方は無いだろう」「圧倒的な速度差感が無いジャン」と思ってただろうなあ。
    原作に近い描き方だったので最後の由比ヶ浜での「ショッポにジッポーで火をつけるシーン」はきっちり描いて欲しかったです。巨大なプレッシャーから解放された者達の開放感と共感があのシーンに込められていたと思うんです。観た後に「バイクに乗りたい!」とはならなかったです。はい。(監督が大鶴義丹と聞いたときいやな予感はあったんですが。やはり映像化は不可能な原作だったと言うことで、ゴニョゴニョ・・)

    http://www.youtube.com/watch?v=H5nYqsIZuDc&feature=player_embedded

    0-100mを2.8秒で走っちゃったというモトグッチのカフェレーサーです。後半はスライドショーで製作シーンです。2.8秒はちょっと眉唾ですが好きな人はやるときはやりますね。

  2. katu_rider より:

    みy・・・cjjfishさん(笑)こんにちは。お疲れさまです。カタナ良いですよね、750と言う所もグッときました。私、750大好きなんです。滋賀草津でヤラレましたか><;12Rだと重いから下りブレーキおっかないんだろうなあ・・・熱くなってちょっとタイミングが遅れたら曲がりきれずにあらら〜ってなりそうだし(爆) 最近マン島TTのビデオ見過ぎなのでヤバいと思い、自制しまくってますが、いつもより煽られる回数が増えた気がします。昨日、某国営放送の仕事で246を走ったのですが、工事現場トラックとビクスクの兄ちゃんと三つ巴バトル!してきました。はっきり言うと面白くありません!つつかれる度に<俺こう見えてもプロなんだよ>と言いたくなるのですが・・・走り方を変えないと事故を誘発してしまう!と思ってます。なんとかしなければ・・・。 「キリン」です。貴重なご意見ありがとうございます。当ブログは映画キリン後方支援ブログです。のですが、ご意見はご意見です。原作キリンと違う映画キリン。いろんな意見ございます。もちろんあたしだって言いたい事はございますです。 劇画キリンじゃなくて漫画キリンになってんじゃねえのか?とかいろいろございます。 cjjfishさんの仰るシーンは東名のシーンかと思われます。ウ〜ン・・・あそこは目をツブっていただいてですね・・・駄目? バイクに乗りたい!っと思われなかったのは残念です。ウ〜ン・・・。バイクに詳しいからと言ってバイクの映画が撮れる訳ではないし、反対にバイクを知らない監督が撮るとこれまた珍妙な映画だったりするし・・・ウ〜ン・・・。 キリン、難しいんですかね。 動画有り難うございます。実は昨日グッチに乗る夢を見まして、興奮してました。750空冷ツイン。憧れです!

  3. cjjfish より:

    こんばんは。元気そうで何よりです。某国営放送は社会に出て初めて働いた場所(元祖フリーター)です。紅白やってたんですよ。246で鷺沼からバイクかフェアレディZで通ってましたよ。前言いましたっけ。

    12Rはあの手のバイクでは軽い方なんです。モノコックフレームですしね。私はコーナーの手前でハードブレーキングし、減速を終わらせ早めのアクセルオンでコーナーに突っ込む(だからフロントタイヤが先に終わっちゃう)脱出スピード重視型なんです。ブレーキに負担をかけない分タイヤはすぐ終わります。ブレーキパッドの方が安い!(泣)

    あっ済みませんここで訂正です。投稿画像0−100mではなくて0−100Km/h到達時間です。確認しなくてごめんなさい。

    キリンですが結局カッツさんの感想と同じですよ。映画としては楽しめました。おねいさんも綺麗(ロングヘアのほうが良かったなあ)ですし、あんな出会いがあれば眠っている愚息も元気出るかなあ(ヤバイ!まあ歳ですから相応に・・)
    映画としては原作をリスペクトして作っていたので結構楽しめました。ああいうモヒ(長野県出身)もポルシェの旦那の嫌みさもはまりで結構良いなあと思いましたよ。ネットでの感想もスピード感が描けていないと言う意見が多かったです。200Km/hオーバーで走り回っている奴らには、知ってるだけに物足りない描写、スピード感でした。でも首都高走行シーンは「おっかねー」と思いましたよ。出来れば第2作として「ホリゾンタル・グレイズ」を映画化して欲しいですね。バイク映画ではなくてロードムービー風に青春と老いを・・。toto当たったらその映画のスポンサーになるのが夢です(キッパリ)

  4. katu_rider より:

    某国営放送。裏方さんの花形じゃないですか!いいなあ。僕は六本木ヒルズだって10チャンネルだって行きますが、全部バックヤードから入ります(笑)地味です。
    12Rでも他のバイクでも走り方は変わりませんか?軽い方ったって重いっすよ。乗った事ないけど(爆)僕は根本健さんの本から学んだ方法です。ブレーキ終わらせてアクセルオフ。ってやつです。公道だと今の所一番安心出来て楽しいです。

    キリンですよね〜。僕は思うんですけど、1話だけで作ったら良いんじゃないかなあ。
    今だったらニコンでも(話題の映画ネイビーシールズがそうですよね確か)撮影出来るから安上がりだと思うんだけどなあ。toto当たったら、僕に撮らせて下さい!(呆)

コメントお待ちしております。