東日本大震災による津波で6500kmも漂流したハーレーダビットソンは今も大事に展示されているようです。

2011年3月11日の東日本大震災で宮城県山元町から流され、カナダのグレアム島に漂着したハーレーダビッドソンの展示されてい模様をFOXネットワークのFOX6NOWさんがUpしました。(注!0:40秒から津波の映像が入ります。)


持ち主の方の意向で、ミルウォーキーのハーレー博物館に展示されているそうです。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。