ハーレーダビッドソン歴代エンジンを詰んだ7mハーレー。

スティーブ’ドク’ホプキンスさんが作り上げたこの長〜いハーレー。1909〜1929年に製作されたハーレーダビッドソン<F-Head IOE>エンジンなる物を筆頭にナックル、パン、ショベル、エボリューション、ツインカムを搭載している、その名も「Time Line.(タイム・ライン)」。全長25フィート、およそ7.6m。車重は約3000ポンド約1360kg。なんて事を思いつくんだろうか(笑)こちら走行動画も発見したので2本立てでご覧下さい。
(リンク切れ動画削除済み)

こっちが走行編。ハンドル操作をしてるのが、ホプキンスさん。すげえ大変そうです。


ちなみにUターンするのに18mも要するし、あまりの熱で短時間しか乗れないそうです。んがしかし、巨大なクラッチを積んでいるので一度に全てのエンジンを使用して走行も可。そうでない場合は一番後部にあるツインカムだけで走行するんだそうだ。ツインカムってすげえ!