BSBショーダウン第1戦目アッセンの車載映像。ジェームズ・エリスン。

britishsuperbikeさんの動画から、BSB第10戦、ショーダウンになってから第1戦を迎えたオランダはアッセンでのレース2から。波乱だったレースを制したミルウォーキー・ヤマハのマン島TTレーサーでもあるジェームズ・エリスン選手の車載映像です。前を行くロウズとバーンの接触が撮影されていました。問題のシーンです。


この接触でサムスンホンダのアレックス・ロウズは1位になりながらも、失格。ポイントも0。
芳賀の同僚で、首位争いをしているSバーンも転倒リタイヤでノーポイント(270kmで放り出されたが、身体はOK!ってどんな身体してんだ)
言い方が悪いけど、棚ぼたでエリスン選手がトップでゴール。棚ぼたって言い方あまり好きじゃないなあ、頑張ってプッシュした結果。って事かな。清成もトップ陣が転倒した事で3位に。腐らずに頑張ってきたからこそ、こういう時に結果がでるんだね。腐ってちゃ駄目だな。やっぱり。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。