Kawasaki GPz750 Turbo Launch Video

KawasakiNewsUKさんの動画から。80年代初頭に(84年に販売開始)登場したカワサキGPz750ターボの記者会見の様子です。80年代の絶版車好きの方にはたまらない動画かと思います。


カワサキGPz750Turbo
空冷4ストローク4気筒DOHCターボ2バルブ
総排気量
738cc
ボアxストローク
66.0×54.0mm
圧縮比
7.8:1
最高出力
112ps/9000rpm
最大トルク
10.12kgm/6500rpm
全長x全幅x全高
2190x720x1260mm
ホイールベース
1490mm
最低地上高
155mm
シート高
780mm
燃料タンク容量
17l
裏話として、こんな話しがあったのでご紹介します。
1980年当時、日本車の台頭によって業績が悪化していたハーレーダビッドソン社と、アメリカの失業率を減らす手段として、アメリカ政府が700cc以上のバイクに輸入税を掛けたんだそうです。
(45%もの輸入関税。レーガン大統領の雇用、失業対策。阿部首相のアベノミクスの元ネタとなった、民間事業の立て直しを図った、レーガノミクスという経済政策の一環。)
これに対し、カワサキは、日本で製造していたGPz750Turboを、アメリカのネブラスカ州リンカーンにある二輪組み立て工場において、再構成する事で、関税を回避したそうです。
リンク元<classic-car-history.com

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。