THE SPIRIT OF MUNRO INDIAN MOTORCYCLE バート・マンローの魂。

The Indian Motorcycleの動画より、インディアンで世界最速を達成し、偉業を成し遂げたニュージーランドの伝説の男、バート・マンロー。その偉業を讃えてインディアンが製作した、最高速アタック用のマシンの動画です。感動に打震える程の素晴らしい映像です。ご覧下さい。



こちらは舞台裏映像。

以下、YouTube概要よりちょっとだけ意訳、翻訳、抜粋しました。

「1926年から1961年の長い間、ニュージーランドの小さな町で、一人の男が1920年製インディアンのスカウトで最高速を叩き出す夢を見ていました。

1962年、ユタ州のボンネビル・ソルト・フラッツでついにその男の夢が叶ったのです。夢を描いてから実に36年もの間、諦めなかったマンローの偉業達成の瞬間でした。

過去と未来のパワーを称えるために、インディアンモーターサイクルは、マンローの魂、新しいサンダーストローク111 ™エンジンを収容する全金属製のトリビュートバイクを構築しました。

2013年5月5日にこのバイクは、カリフォルニアのドライレイクで実際に走行しました。

偉大なバート·マンローへのオマージュ、そしてこれからのインディアンモーターサイクルの祭典として。」

こちらは当ブログの相談役cjjfishさんからの情報です。ありがとうございます(^^)/
ニュージーランドでは毎年バート・マンロー・チャレンジという面白そうなレースイベントがあるそうです。近日中に掲載したいと思います。スゴいですから楽しみにしていて下さいませ。

THE SPIRIT OF MUNRO Indian Motorcycle_

THE SPIRIT OF MUNRO Indian Motorcycle_2

THE SPIRIT OF MUNRO Indian Motorcycle_behindthescenes_3

Burt Munro Challenge-supermoto
こちらがBurt Munro Challengeバート・マンロー・チャレンジ2013からの画像です。面白そうでしょう?

burt-munroe-

<OFFERINGS TO THE GOD OF SPEED/スピードの神様への供物>
おびただしい数の壊れたピストンやコンロッドが並ぶバート・マンローの有名な棚。壊れた部品を神様へ捧げて次こそは!と、最高速の夢を見続けていた。何でここまで執着出来たのかは知らない。
ちなみにこれらはマンロー氏が金属を溶解し、鋳物で自作している自作のピストンです!初めて聞いたときは腰が抜けるほどビックリしました。興味のある方は本を読んで欲しいです。私もこんなじいさんになりたい。
(「バート・マンロー スピードの神に恋した男」という本です)

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。