ダカールラリー第10ステージ。 イキケ~アントファガスタ 競技区間631km。

ダカールラリー第10戦は1月15日チリのイキケ~アントファガスタ間で行われました。移動区間58km。競技区間が631kmの長く厳しいステージだったようです。このステージでHRCの#3ホアン・バレダ選手が4度目のステージ優勝を果たしております。

第10ステージ イキケ~アントファガスタ 移動区間58km 競技区間631km。


こちらはDAKARの動画です。

昨日ホアン選手が15分30秒のペナルティを受けましたが、その理由が速度違反。走行速度が決められた場所で違反をして与えられたのだそうです。どうしてそんな事が広大なステージで判明するのかと言えば、ダカールラリーならではの装置があったのです。

GPSを利用し、競技中の車両の位置、移動速度などを記録するイリトラック(Iritrack)。
この装置の優れた所はオートマチックモードにしておくことで激しい衝撃を感知したり、3分以上ステージに停止していると、安否確認の連絡が入るんだそうです。
また、マニュアルモードにすると、備えられた青、赤、緑、のボタンを押すことで連絡手段の役割を果たすそうです。(青が本部への電話、赤が怪我したときのアクシデント。緑が怪我以外のアクシデントやマシンブロー。)
もう一つはセンチネンタルアラームシステム。
ラリーに参加する全車両に搭載が義務付けられている大事なもの。その役割は、車両位置を本部に知らせたり、追い越し、追い越される際にアラームを鳴らす事です。鳴らす事で、他車の存在をしり安全性を高めるのでしょう。

残念ながら今年のラリーで亡くなったライダーも出たのですが、危険だからこそ、これだけの事に気を使い安全に努めているのでした。
リンク元<HRC ダカール
hrc-dakar2014

dakar-st10-
第10ステージ競技区間順位表。
dakar-st10-2014
総合順位表。

スポンサードリンク

[ad#ad-628]

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。