シリコンバレー産ハーレーダビッドソン・SC3 アドベンチャーがカッコいい!

ハーレーエンジンを使用したカスタムビルダーで最も有名なのは、ご存じBuell(現EBR)ですが、どうしてもハーレーエンジンじゃないとダメなんだという方は他にもたくさんいらしゃいまして、こちらJim Carducciさん率いるCarducci Dual Sport社もそのお一人。所在地は、IT、ハイテクノロジー企業のメッカ、サンフランシスコのシリコンバレーにあります。代表のJIMさんはもともと半導体のメカニカルデザインエンジニア。オートバイ好きが高じてハーレーダビッドソンのビッグ・オフSC3 Adventurを制作したんだそうです。動画はオンロード、オフロード車載映像2本立てで掲載します。

自社製パーツをふんだんに使用し、ガソリン抜き重量は約215kgにまで減量成功!軽快なVツインサウンドが心地良いです!!!

代表のJIMさん。

代表のJIMさん。32年以上、半導体産業のメカニカルデザインエンジニア経験を持ち、奥さんも電子工学制御システムの専門家だそうです。彼らプロがデザインし、シリコンバレーの中心地で制作されるオートバイだとジムさんは、言ってます。

cds-adv-883

BMWのGSも乗ったが、ハーレーのVツインサウンドが一番だとJIM氏。これから年6台ペースで制作されるそうです。

CDS社製品。ハーネスも自社製と書いてありました。

CDS社製品。フレームから美しい形状のアルミタンク、スイングアーム、ハーネスに至るまで自作しているそうです。

BMWと比較したもの。俄然スリム。

BMWと比較したもの。俄然スリム。

harley-vs-bmw-gs
画像はカルドゥッチ・デュアル・スポーツさんフェイスブックより拝借しております。
Carducci Dual SportのSC3ADVはハーレーダビッドソンスポーツスター(1200,883)を使用し、販売はオーダー制になるそうです。詳しくは下記記事元から。

記事元<Carducci Dual Sport

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。