ビリー・ジョエルのバイクコレクションが渋い。20TH CENTURY CYCLES.

名曲「ピアノ・マン」や「オネスティ」でも有名な米国の人気シンガー、ビリー・ジョエルのお店「20TH CENTURY CYCLES」の紹介映像です。ニューヨークのオイスターベイにある店内には少し古めの渋いバイクがたくさんあります。しかも、店と言っても店内のバイクを売っている訳ではなく、バイク好き、ビリーファンの方達のコミュニティセンターのような物で、パーツや小物類しか売っていないそうです。なので、コレクションが増えていくばかりだとか。動画は、店内を撮影したものと、ビリーさんにインタビューした物の2本組でお送りします。しかし、こうして見るとバイク屋のおやっさんに見えてくるから不思議です。



おまけのビリー・ジョエル音楽PV<ピアノ・マン(73’)>と<アップタウン・ガール(83’)>です。


参考<20TH CENTURY CYCLES

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。