Giovanni Burlando’s Vision 元WGP125レーサー御年75歳。850回のレース経験がある男の走り。

ジョバンニ・バーランド氏、イタリア人。75歳。18歳でレースデビューし、850回ものレース経験を誇る元WGP125レーサー。現在は彼のガレージ内でドゥカティ250などをレストアし、近くの峠でテストをしているのだそうだ。映像はイタリア、ブレシア近郊ガルダ湖周辺の峠道で撮影されています。元GPレーサーのビシッとした走り、是非ご覧ください。

Giovanni Burlando’s Vision from ugo roffi on Vimeo.

[ad#ad-628]
w5 yw yryqrqr
イタリア人レーサーとして初めて手に入れたホンダ125。WGPに参戦。
e56u4 uw4uw4uq
モト・モリーニ3 1/2スポルト。344㏄の70年代当時のSSマシン。
e6 uw45yw45y5yq
13歳からメカニックとして働いている。
rthsry位℞地ty℞
最初に分解したのはドゥカティのクッチョロ。シンクで分解したけど、母親に叱られはしなかった。
ue 6uwuwt uwt
残念な事にコレクターになるチャンスは無かった。テストしては走るから。現在はドゥカティ250、ベネリ250、アレッタ125、Motobi250の4台を持っていて、売る気はない。私自身の一部だからだよ。
e6 w45uw45ywyq
バイクに乗ると自由を感じる事が出来る。「レースに掛ける情熱は20歳くらいのまま」「でもそんなもんだろ?」
4w5y wywt yw etye y
動画内ジョバンニさんコメント。
I took part in about 850 contests.
and i raced with some of the best racers in the world, such as ago,pasolini,
and with many other foreigner racers.
I began racing with benelli motorcycle road 125,
Then with Ducati,yamaha,honda,moto bi,suzuki,Morini,Aermacchi,
and…that’s all,I think.

Honda75″Grand Prix”was the one I like the most
because it was a real racing motorbike.
Looking back,in the ’60,
races weren’t like today’s competitions,
we had no camper,track and so on…
we just used to load our bike on the train,
together with all the stuff we needed,and once we got off,
we took the bike and drove till the race.
You will not believe me if i tell you that when we raced in Monza(about 30km far from Milan)
we held our arms tightly to a window of a fiat1100
and we drove to Monza in that way:
carried by a car,with one’s arm through the window.
Be sure that when we reached Monza we would have thrown our arm away!
The bikes I fixed were just for myself, I did it all by myself
and when we had to test them we looked for a fast road.
When we were in bologna,
we tested our bikes on a part of the highway which, at that time,wasn’t yet finished.
Usually,there were no policeman on this road and
our bikes had almost no equipment:
neither a silencer nor the license plate.
That was the way it worked!
You need to be trained for the hills races.
You have to know the track very well.
It often happened I could realize
I run for 380km!
At that time races were very long.
A race should have been 12km at least
and today we have 3km or 3,5km divided into two matches.
When I raced, I really needed to hit the road;
otherwise I couldn’t get out of it.
I prefer hills races.
I know I raced on several circuits;
I took part in the world Chanpionship in 1967
with my Honda 125,
where I came first among the italian racers.
Hills races are quite different,
here you need to know the track perfectly
and it is also dangerous,since it is an open road.
Unfortunately I have lost some friends…
The first bike I have disassembled was a Ducati”Cucciolo”
and I did on my sink at home,
well, my mother was really happy with the job i did…
I owe my passion to my father,
he was really fond of motorcycles.
An uncle and an aunt of mine raced with cars,
so i got possessed!
I have worked as a mechanic since I was 13
and I have always had a garage to repair motorcycles.
Unfortunately, I didn’t have the chance to be a collector
as I always needed to change my bikes,
to get their most recent version,
run and be up-to-date.
today I have four bikes:
a Ducati 250,
a benelli 250,
an aletta 125
and a Motobi 250
and I have always prepared them by myself.
With my Aletta I raced the 125 competition
and i won four Championships.
In 1975 I raced with Benelli 250
and I won six Championships,
with my Ducati 250
I won seven Championships
and with Moto bi 125
I won four Championships from 1965 to 1969.
I would never sell them,
because I think they are part of me.
I would never sell them,
These bikes will always be mine,
I hope at least,
who knows…
When I ride my bike I feel free,
I wouldn’t evev say what.
The lust for racing is the same as I was young,
when i was 20…
more or less.

翻訳機にかけて少し意訳してみた。良かったらどうぞ。

私は約850のコンテストに参加した。
そして、私は、アゴスチーニ氏やパゾリーニ氏などの世界の最高のレーサー達と競争した。多くの他の外国人レーサーでそして。
私はbenelli125でオートバイレースをはじめた、
そしてドゥカティ、yamaha、ホンダ、モトクロスレースバイ、suzuki、モリーニ、アエルマッキと、そして、…。これだけだったと思う。
ホンダで参戦した75年度グランプリは私が最も多くが好きなものだ。
それが本当の競争用オートバイだったから。

’60年代を振り返る、
レースは今日の競技会に似ていなかった、

私達はキャンパー、トラックなどを全然持っていなかった…
私達は列車において私達のバイクをロードしたものであったばかりである。
ある時、すべての材料とともに、必要があって、一度、私達は降りた。
私達はバイクに乗り、レースまで運転した。

もしあなたが、 私達がモンツァにレースをした時に話していたら、あなたは私を信じないだろう(ミラノから約30kmもあった)
私達はfiat1100のウィンドウを堅くつかんでいた。
そうやって、私達はモンツァにその方法で行ったのだ。
窓枠を腕一本でつかんだ。
私達がモンツァに到着した時に、私達が私達の腕を廃棄したであろうと確信しなさい!

私が定着させたバイクは独力で正しく、私はそれをひとりですべてした
そして、私達がそれらをテストする必要があった時には、私達は速い道路を捜した。
私達がボローニャにいた時、
私達は、その時まだ完成していなかったハイウェーの一部で私達のバイクをテストした。

普通、この道路に警察官が全然いなかった および
私達のバイクはほとんどどの機器も持っていなかった:
消音器とナンバープレート。
それは、それが作動した方法であった!

あなたはヒルクライムレースについて訓練される必要がある。
あなたはトラックを非常によく知っている必要がある。
それはしばしば起こった 私が実現できた
私は380km走る!
その時、レースは非常に長かった。
レースは少なくとも12kmであったはずである
そして、今日、私達は、3kmまたは3、2つのマッチに分けられた5kmを持っている。
私が競争した時には、私は本当に出発する必要があった;
さもなければ、私はそれを出ることができなかった。

私はヒルクライムレースを好む。
私は、私がいくつかのサーキットに競争したと知っている;
私は1967年に世界選手権に加わった
私のホンダ125と、
イタリアのレーサーの間で私が最初に来た所。
ヒルクライムレースはまったく違う、

あなたはトラックを完全に知っている必要がある
そして、それが、公道であるので、それはまた危険である。
残念な事に、私は何人かの友人を失った…

私が分解した最初のバイクは、ドゥカティ「Cucciolo」であった
そして、私は家で私の流し台においてした。
さて、私の母は、私がした仕事で本当にうれしかった…(叱られなかったという意味か)
私は私の情熱を私の父に負っている。
彼はオートバイを本当に好んだ。
おじおよび私のおばは、カーレースをした。
従って、私は影響された!

私が13歳から、機械工として働いている。
そして、私は、オートバイを修理するために、いつもガレージを持っていた。

あいにく、私は、コレクターであるチャンスを持っていなかった
いつも私が私のバイクに乗り換える必要があったので、
それらの最も最近のバージョンを得るために、
走り、テストをし走った。

今日、私は4つのバイクを持っている。
ドゥカティ250。
benelli 250。
aletta 125。
そしてMotobi 250。
そして、私はいつもそれらをひとりで準備した。
Aletta125で私は4つの選手権を勝ち取った。
1975年に、私はベネリ250で
6つの選手権を勝ち取った。
ドゥカティ250によって
私は7つの選手権を勝ち取った。
モトクロスレースバイ125でそして
私は4つの選手権1965から1969までを勝ち取った。
私は決してそれらを売らない、
これらのバイクはいつも私のものである、
私は少なくとも望んでいる、
誰が知っているか…
私が私のバイクに乗る時には、私は自由であると感じている、
言いさえしないものの 。

レースのための熱望は私が若かったのと同じである、
私が20であった時…
多少。

[ad#ad-628]

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。