MOTO GP チーム・スズキ・エクスター次戦レッドブルリンクGPで6位入賞を目指しテストをする。

来月8月14日に開催されるオーストリアのレッドブルリンク。今回2日間に渡って行われたプライベートテストに参加した、チーム・スズキ・エクスターがテストの様子を公開しました。テスト内容はミシュランが用意したタイヤ、電子制御の調整、新型のスイングアームの検証との事。


レッドブルリンクのテストで2日目にトップタイムをマークしたのは、ドゥカティのアンドレア・イアンノーネ選手で1分23秒240(2番手にドビツィオーソ、3番手にケーシー・ストーナーとドゥカティ勢が独占!)0.968秒差の7番手に進出したエースライダーのビニャーレスは、
「2日目はサーキットの非常に良い印象を確認した。レイアウトと周囲の環境は、とてもナイスだけど、一風変わったトラックだ。ハードなアクセラレーション、3本のロングストレート、ハードブレーキングといった典型的なオン/オフトラック。これは大きなパワーがアドバンテージとなることを意味する。この分野の仕事が必要だ。当然、2日目に幾つかに改良が進んだ。」

「トラクションを追求した。今回試した幾つかの解決策は効果的だったことが証明され、僕たちのエンジニアたちはこの分野の仕事を進める。最高な形でレースを迎える必要がある。簡単ではないだろう。しかし、僕たちのペースは悪くない。トップ6入りという目標に追求するためにベストを尽くそう」と語りました。現在のところは、優勝を狙う事が比較的に現実味はないという判断を下したスズキ。実際にはどういった作戦が組まれているのでしょうか。とても興味があります。
抜粋元 MOTO GPサイトより。
4545twertwertwertwe

wetrwertwertwertwertwertwe
現在ドイツGPが終わったところでのポイントスタンディングはこうなってます。
sadfadfasdfasdfadfasdfa

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。