第47回白バイ安全運転競技大会。雨天決行された不整地走行操縦競技が熱い!

10月8日(土)9日(日)自動車安全運転センター 安全運転中央研修所(茨城県ひたちなか市新光町(しんこうちょう))で開催された第47回白バイ安全運転競技大会。2日目、雨の中行われた不整地走行操縦競技のダイジェスト動画をバイク動画 MotoBasicさんが公開!がむしゃらでひたむきな隊員達のライディング!熱いです!


白バイ乗務員は、運転走行中様々な事態に遭遇する。これを克服し安全かつ、的確かつ、機敏に措置し得る高度な操縦技能が必要となる。
47-japan-police-motorcycle-competition-digest-2016-oct-a
<競技内容>
走行中の危険な状況を想定して、不整地にコースを設定。このような場所をできるだけ速く、しかも安全に走行する場合は、人馬一体となっていることが大切であり、乗車姿勢、ハンドル操作、ニーグリップ、アクセルワーク、ブレーキング等、総合的な操縦技能を競う。
47-japan-police-motorcycle-competition-digest-2016-oct-c
<審査>
指定された不整地コースを走行し、コースオーバー、パイロンタッチ、転倒等を減点対象とし、コース1周の走行タイムによって採点を競う。警視庁サイトより、一部抜粋編集(管理人責)
47-japan-police-motorcycle-competition-digest-2016-oct-b