渡辺一樹8位入賞! オーストラリアGP初戦 #ssp #sbk

本日2017年2月26日(日)決勝が行われたスーパースポーツ世界選手権SSP。赤旗中断により10周に短縮されたSSPレース1で、20人中19番手スタートだった#26渡辺一樹選手がプラス6.610秒差で8位に入賞しました!先頭集団のクラッシュもあり、それまでの追い上げが生きた結果での8位!ほぼ最後尾スタートから入賞したセンセーショナルな初戦を飾りました。
所属チームTeam Go Elevenでのコメント
「渡辺和樹(WSSレース:8位):とても感動的なデビューだった。テスト中も速く走れなかったし、バイクのセットアップも大変だった。私は最後のセクターで多くを失っていたが、ウォームアップでは正しい方法を見つけたし、レースはとても素晴らしかった。私は多くのライダーを追い抜いたが、これは楽しい。結果は予想以上に良いです。私を助けるために一生懸命やってくれたチームのおかげで、一緒になってとても強くなることができます。」
レース1をリタイアした同僚Gino Reaコメント
「私はTeam Go Elevenにとって本当に痛いです。私たちはバイクを開発するための練習中にすべて非常に頑張りましたが、これは私たちの絶え間ない進歩によって示されました。
ウォームアップで使用済みタイヤで5位を終えると、私は
表彰台ポジションに挑むことに自信を持った。残念なことに私は本当に悪いスタートをしたし、Mulhallserが私の前でハイサイドをして、私は彼の自転車に衝突し、大きな転落をした。私の結果は悪くはなかったのが幸いだが、私は自分が不調でスタートしたことに失望している。我々は今週末を補うためにタイで再び熱心に取り組むだろう」
尚、優勝したロベルト・ロルフォ(Team Factory Vamag MV Agusta)と2位ルーカス・マヒアス(GRT Yamaha Official WorldSSP Team)のタイム差は0.001秒!ゴール寸前で体当たり的にマヒアスがロルフォに詰め寄ったが、ロルフォが僅差で優勝。そしてケナン・ソフォーグルは24日(金)に右手の手術をした。遅くても6週間後第3戦アラゴンGPに間に合うはずとの事。

レース本編は後日掲載出来ると思います。下はウォームアップラン。

Team Go Elevenさんの投稿 2017年2月25日

Team Go Elevenさんの投稿 2017年2月25日