200㎞で市街地を暴走したカップル、警察に体当たりされ逮捕。

エストニア共和国の首都タリン市で撮影された逮捕劇のダイジェスト。S1000RRを無免許で運転していた男性は25歳、そして烈火のごとく怒っているのが、22歳の後部席にいた彼女。同市内の制限速度50㎞/hを大幅に破り、時速200㎞で逃走しパトカーに体当たりされ御用となりました。


怒りまくりの彼女に対して、無免許青年は観念したんでしょうか、とても大人しい。彼女は死を覚悟して逃走に付き合っていたのかもしれません。敵意を剥き出しにして反発していますが、彼女も一緒に警察に御用となり、こうして若者達の明日なき暴走の終焉は幕を降ろしたのでした。

応援よろしくお願いします!
広告

シェアする