カラシニコフ情報その2、空飛ぶバイクを製造していた。

前回お伝えしたカラシニコフ製電動バイクですが、同社ブランドは空飛ぶバイクも製造していた!ロシアの空飛ぶバイクと言えば、ドバイ警察に導入予定のスコーピオンがありますが、どちらもドローン技術を使用したモノ。両社パッと見で違うのは羽根の数。
スコーピオンが4枚だったのに対し、カラシニコフ製は、前方に2枚、側方にそれぞれ3枚で、倍の8枚を装備しています。


洗練されたデザインとは言い難いですが、そこは兵器会社。見栄えより、過酷な環境で使用する事を踏まえたモデルになるのかもしれません。