<FIM Enel #MotoE World Cup> MOTOGP 電気バイクレース用マシン

来2019年度より開催されると発表されているFIM Enel MotoE World Cup。今回ミラノで行われた発表会の様子と会場内で流れていたプロモーションビデオが公開されました。乗っているのはご存知ロリス・カピロッシ。使用されたマシンはEnergica製のMotoE専用レースマシンです。



参加するのは11チーム。モトGPからはTech3、LCR、Marc VDS、Pramac、Avintia、Angel Nieto、Gresiniのプライベーター7チーム(マシン2台供与)MOTO2 MOTO3から4チーム(マシン1台供与)しめて総参加台数は18台との事。欧州内で5周レースを、5つの場所で開催する予定。ちなみにEnergica Egoマシンは110kW / 147hpのパワー。250kmの最高速度。3秒で0-100km /時の加速力を持っています。マシンはまた、0〜5000rpmの間で200Nmのトルクを有する。と発表されてます。将来的には現在参戦中のワークスチームから電気式モトGPマシンが出るのかも知れない。というか、そうなって欲しいです。

広告