ホルヘ・ロレンソ 離陸の年となるか?インタビュー&トレーニング@Motos.net #motogp #JL99

スペインのバイクサイトMotos.netのホルヘ・ロレンソ特集。撮影は自転車レースでも有名だという、アンドラ公国アルカリス。厳しい山道でトレーニングを行うホルヘを捉えています。


同サイトによるインタビュー。<Motos.net/ロレンソ真実の瞬間

金曜日と土曜日にオートバイから最大の可能性を引き出すセッティングは達成しましたか?(インタビューは3月初頭のカタールテスト後に行われた)

「いいえ、我々はまだベースを見つけるために働く必要があります。カタールの最終日はその方向で一歩前進したが、まだ満足していない」

あなたは何が欠けていますか?

「私たちは、主に、フロントと私の関係を高める必要があります。それはまだ素晴らしいことではない。私たちが欠けていること、その自信、そのグリップを改善するまでは、私は最良の方法で適応し、ドゥカティをもう少し有効にする新しい技術を学ばなければならないでしょう」

昨シーズン終了時にドゥカティにどのような改善をお願いしましたか?

「私はエンジンの従順さを求め、コーナーでもっとターンアップするのを助けるシャシーを持っていました。」

アンドレア・ドビツィオーソが同じことを頼んだかどうか知っていますか?

「基本的に私たちは皆同じことについて不平を言う。コーナーでの回しには問題があります。そして、おそらく、非常に従順なエンジンを備えたバイクから来るために、私はドゥカティが戦い、レースの積極性を勝ち取るために用意されたもう少し苦しんでいます 。だからこそ私は従順性を改善するように頼んだのです。一定の方法で、私たちはそれを改善することができました。しかし、少しずつ私たちは近づいています」

今年のホンダはどのように見えていますか?

「エンジンが大幅に改良されたようです。去年はホンダの弱点の1つでした。今はホンダが多く走っています。現実的には最大速度でホンダが多く走っています。最高速度で、彼らは実際に私たちに到達しました。これ以上は私はあなたにそれほど話せません。」

ヤマハの明らかな問題に驚いたことはありますか?

「ヤマハもとてもうまくやっています。先日ザルコは初めてのことを実演しました。ビニャーレスとロッシは、時々、分類を率いてきました。私は彼らがとても強いと思う。

今、5つのブランドは非常に似たレベルを持っています。スズキ、エスパルガロが時代を先取りしているアプリリアでさえ、多くを改良しました。KTMさえも非常に近づいています。

ここ数年のうちに、これらのミシュランとユニークな交換機は、競争にかなり匹敵しました。もはや電子機器の開発との違いをマークすることはできません。今はすべてがシャーシとエンジンに依存します。電子的な平等がすべてをより近づけました。

そして、非常に重要なミシュランの要因があります。ミシュランとバイクのコンビネーションが魅力のように機能し、難なく支配するサーキットがあり、次のコースでは10番手です。これらのBridgstoneとフリーエレクトロニクスでは、これらのことは起こりませんでした。ドライバーとチームのパフォーマンスははるかに一定でした」

あなたはライバルをよく知っています。マルケスはどのように見えますか?

「マルケスは精神的側面と彼の働き方を強調します。彼は熱心に努力する非常に野心的な運転手です。彼は毎日たくさんの訓練を受け、結局は彼の実を結ぶ。彼はまた、自然な才能を持っています」

そしてロッシはどうですか?

「バレンティーノには大きなメリットがあります。その欲望とGPのために戦う趣味を持っている39年間で、勝利せずに8年間持っているにもかかわらず、私はそれが信じられない。毎年彼はレースに勝ち、トップ3に終わります。それ以上のことは言いません。彼が達成したことを39歳で達成したパイロットを教えてください。他にいませんよ。

そしてペドロサ?

技術的には素晴らしいです。非常に軽い。 彼は加速する彼の能力である彼の強みを利用する。彼は非常に軽いライダーであり、彼は絶妙な方法でオートバイを持ち上げてそれを活用する方法を知っています。それが彼の強みです。その後、彼は通常のパイロットです。彼はいつもそこにいて、最初の3,4人の間にあり、ロッシのようないくつかのレースで勝っている」

あなたは現在バイクが楽しいですか?

「私の場合、私は自分がベストを尽くしている5つの世界を獲得しました。これはオートバイに行くことです。30年後に何かを続行するかしないかを選択できるようになった後、非常に少数の人々がそれを言うことができます。それで私は完全に特権を持っています。」

プレシーズンの技術準備はなにをしているのですか?

「基本的に私はダートトラック、スーパーモタードをやっています、モトクロスと一緒ですが、怪我のリスクを避けるため、ジャンプはしません。私はバイクで一週間に一度練習しますが、一日中練習します。」

物理的には、あなたの仕事は何に集中していますか?

「私は自転車トレーニングをします。脂肪を燃やすために強い日と別のもの。

マシンの変更は、あなたに物理的なトレーニングプログラムを変更させた

はい、ドゥカティは違うバイクです。より強力で、より緊張し、より厳しい。それはより重くはないが、ブレーキングにおいてより多くの慣性を有し、腕は他の緊張に耐えなければならない。私は体重が増え、繰り返しが少なくても、より強くなるように練習しました。ドゥカティでは一般的にもっと体格が必要です。各バイクは、制動時または加速時の振動、慣性によって異なる。そしてそのすべてには物理的な適応が必要です」

あなたはアンドラでどれくらいの時間を過ごしますか?

「アンドラでは2ヶ月過ごしました。私はスイスでもっと時間を費やしています。とても静かな場所です。人々は非常に敬意を表し、そこに私は非常に快適です。私はサンモリッツで高さのクロスカントリースキーをしています。私はモトクロスサーキットを近くに持っています。それは私にとってとても良いことです。ここで、アンドラでは、私も高さで鍛えることができます。私は博物館も持っています。」

そして終わりに何を読んでいるのですか?

「私はたくさん読もうとします。今、私は英語でGeoff Colvin著<The talent is overrated>を読んでいます。」


ホルヘのヘルメット公開です。