「THX 1138」1971 ジョージ・ルーカス・デビュー作

言わずと知れたジョージ・ルーカス(アメリカン・グラフティ。スター・ウオーズ。インディ・ジョーンズ等)監督のデビュー作品。原作、脚本、監督を一人でこなした。フランシス・F・コッポラ監督(ゴッドファーザー、地獄の黙示録、アウトサイダー等)によって見いだされたルーカスだったが、同作品は興行的に失敗に終わっている。これがデビュー作だとは思えないくらいのSF映画です。


THX-1138 1971年アメリカ映画
監督・脚本・原作・編集 ジョージ・ルーカス
製作 ローレンス・スターマン
製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ
出演者 ロバート・デュバル
    マギー・マコーミー
音楽  ラロ・シフリン
撮影  デヴィッド・マイヤーズ
    アルバート・キーン
配給 ワーナー・ブラザース
公開 1971年3月11日 86分(ディレクターズカット版88分)
日本劇場未公開作品
人名も数字で管理されている25世紀での物語。人々は広大な地下市街で配給された精神安定剤を服用しながら、感情も娯楽も規制された単調な生活を強いられていた。ある日、主人公のTHX-1138(ロバート・デュバル)がルームメイトと恋に落ち、安定剤の服用を止め、禁忌とされていた肉体関係まで持った事から反体制分子として当局に逮捕される(wikiより抜粋)

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。