余裕のある走りと、余裕の無い走りが分かる動画。

動画を掲載する場合、気をつけないと上から目線の勘違いな話になってしまう。どうして上から目線になるかと言えば、学ぶ姿勢より、教示する方が強くなるからだろうと思う。教示する事も、もちろんもの凄く大事な事だが、私はまだ学びたい。何が言いたいのかと言うと・・・よく分からなくなった(爆)え〜ご覧下さい。誰もが通ってきた道かと思いましたので。


動画主さんは指摘を受けて、自分の走行について紳士的にコメントされてます。私は指摘を受けた事が無かったので(聞く耳を持たなかった)大きな事故を起こし、多大な迷惑をかけて参りました。今後、絶対に公道では(!)事故らないと決めてます。(功をなしたのか1年間キップ切られずに済みました)
余談ついでと言っては何ですが、あまり多くを語らない東本昌平さんの「奔る」の意味が少し分かった気がする今日この頃です。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。