淀みなく走る。林道ツーリング。

先が見えないのに、まるでどこに何があるのか分かっているかのように躊躇なく大胆に繊細にアクセルを開ける。