油冷復活!スズキ単気筒GIXXER 250 SFデビュー。

スポンサーリンク

スズキ・インドからジクサー250SFがデビュー。MOTOGPテクノロジーで新開発されたエンジンが搭載したのは油冷エンジン<スズキオイルクーリングシステム(SOCS)>SOHC油冷単気筒モデルの登場。下から飛ばして冷やすんじゃなくて上から冷やすのがジクサー250SFのキモなのかもしれない。


インドでの販売価格が約17万ルピー、日本円にして約27万円。
同じクォータークラス単気筒スポーツ、カワサキNinja250SLと比較すると、
Ninja250SLの方が軽く(149kg/KRT151kg)ホイールベースも短い(1,330mm)最高出力はNinjaが29PS/9,700rpm。カワサキもスズキも好きなのでケチをつけている訳ではないので誤解なきよう。スペック厨にどうのこうの言われたら「油冷が好きなのだ!」で押し通すべき。
4スト単気筒油冷SOHC 4バルブ
249cm³
ボア×ストローク 76.0 mm x 54.9 mm
エンジン出力 – 26.5ps@9000rpm
トルク – 22.6Nm@7500rpm

全長さ- – 2010mm
全幅 – 740mm
全高 – 1035mm
ホイールベース – 1345mm
地上高 - 165mm
シート高 – 800mm
カーブマス – 161kg
燃料タンク容量 – 12 L

この記事をお届けした
動画ライダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
MOTO NEWS
スポンサーリンク
douga-riderをフォロー。
スポンサーリンク
動画ライダー

コメント