50,000km走破したホンダNC700Xをばらして調べてみた。

スペインのホンダ取り扱い専門サイト「Montesa Honda」がUPしたテスト動画です。50,000km走行した同車を分解してます。多分、安かろう悪かろうという懸念を払拭するのが目的化と思われます。燃費よしで頑丈なので、ビッグカブの称号を与えてもおかしくないオートバイですな。実はちょっと狙ってたりします(値段的に)


HONDA NC700X スペック(カッコ内はタイプLD)
総排気量 669cc
ボアxストローク 73.0×80.0
圧縮比 10.7:1
最高出力 50ps/6250rpm
最大トルク 6.2kg-m/4750rpm
全長x全幅x全高 2.210(2,195mm)x830x1,285mm(1,255mm)
ホイールベース 1540mm(1,525mm)
車輛重量 214kg /218kg(ABS仕様)/228kg(デュアル・クラッチ・トランスミッション)
タイヤサイズ
前 120/70ZR 17M/C(58W)
後 160/60ZR 17M/C(69W)
ダイヤモンド形式フレーム
燃料タンク容量 14L
気になるシート高は830mm(800mm)でした。
メーカー希望小売価格は
タイプLD 649,950円
ABS仕様車 699,300円
DCT仕様車 752,850円
となってます。使い倒せるし、何でもこいなオートバイ。どうでしょうか。

スポンサードリンク

[ad#ad-628]

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。