HRC ダカールラリー第12ステージ フィアンバラ〜コピアポ

第12ステージになったダカールラリー。移動区間は長めの392km、319kmのSSを走り再び移動区間4kmを走る。モト部門のスタートは現地時間の早朝3時15分。ラリーのステージとしてありとあらゆる困難が待ち受けていると言うステージだったようです。


ガレ場や岩、砂丘から再びガレ場、岩と難儀なルートはナビゲーションも難しかったそうだが、この日、ロドリゲス選手はSS(スペシャルステージ)5位、トップのF.ヴァーホーベン(ヤマハ/今大会初優勝/2011年以来通算4度目の優勝だった)からも3分半差でフィニッシュと上々のステージだった。
エドガー・ロドリゲス選手
「速く走る為にはナビゲーションが必要でしたが、今日は楽しく走れた。真新古コンディションも良かった。残念ながら表彰台に立つのは難しくなったが、TEAM HRCの為に明日も攻め続け、良いリザルトにつなげたい。」

同じくナビゲーションの重要性を感じていたハビエル・ピゾリト選手はSS9位に。
ハビエル・ピゾリト選手
「今日のステージはナビゲーションが重要だった。なかでも登る事が難しいアタカマ砂漠は楽しめた。
標高の高い峠超えは私もマシンもきつかった。392kmの移動区間を走行した後のSSだったから。今日のチームワークは最高だった。エルダーに追い付いて、その後は彼をフォローし、SSを一緒に走った。明日もプッシュして上位を目指す。

ろっ骨の怪我が心配なジョニー選手は、転倒による怪我の他に高山病にもかかってしまい、難儀なラリーだったようだ。
ジョニー・キャンベル選手
「高山病の為に少し眠気を感じたが、悪化はしなかった。無理はせず、慎重なライディングを心掛けた。確実にゴールを目指したい」

スペシャルステージ12暫定順位
1. #15 F.ヴァーホーベン ヤマハ   03:49:15
2. #11 R.ファリア      KTM + 01:38
3. #5 J.バレダ     ハスク +03:01

5. #3 エルダー・ロドリゲス HONDA +3:35
9. #30 ハビエル・ピゾリト  HONDA +5:22
47. #33 ジョニー・キャンベル HONDA +50:53

暫定総合順位
1. #1 C.デプレ       KTM 37:46:59
2. #11 R.ファリア KTM +5:39
3. #7 F.ロペス       KTM      +13:40

8. #3  エルダー・ロドリゲス  ホンダ   +1:10:44
9. #30 ハビエル・ピゾリト   ホンダ   +1:19:20
44. #33 ジョニー・キャンベル  ホンダ   +7:37:21

スポンサードリンク

[ad#ad-628]

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。