ダカールラリー。ゴール間近の第13ステージ。

現地時間1/18。ダカールラリー第13ステージ。コピアポ〜セレナ。リエゾン294km。SS441km。明日の最終ステージへ向けHRCライダー達も気合いの入った走りぷりを見せております。


SS13はカマンチャカと言われるこの地方独特の濃霧の影響でAM04:00から始まる予定だったが遅れてAM08:00からのスタートとなった。
SS13においてもラリーの厳しさは変わらすで、難しい砂丘地帯、ハイペース走行可能な石、岩の固い路面の多様なエリアを持っている。そこを441kmも走る訳だ。とてつもない鉄人ぞろいな事は承知だったけど、それにしたって、連日走行するのだから、鉄人の中の超鉄人なんだろうと思う。

本日のHRCライダーの活躍ぶり等を。
5番手でスタートしたエルダー・ロドリゲス選手はこの日も快調に飛ばし、SS13を6位でフィニッシュ。
エルダー・ロドリゲス選手
「順調だった。ナビゲーションに集中し、速く奔る事ができた。最初の砂のステージで順位を上げる事が出来た。後半のSSではトップでスタートし、攻め続けたが、410kmで少し迷っている時にチャレコ・ロペス(フランシスコ・ロペス/KTM)にオーバーテイクされてしまった。今日のステージには満足している。明日の最終日が楽しみです)

昨日SS12では9位だったハビエル・ピゾリト選手はSS13では11位だったが、暫定総合順位では昨日より1つ順位を上げ8位でフィニッシュ。
ハビエル・ピゾリト選手
「タフなステージだった。集中力を維持するのに苦労した。フィジカル的に厳しかったけど、明日の最終ステージは楽しみにしています。」

さて、満身創痍のジョニー選手はそれでも暫定総合順位を3つも上げて41位,SS13では33位と検討しています。
ジョニー・キャンベル選手
「長いステージでした。ダメージがあるので、慎重に走る事を優先した。砂丘では苦労したが、身体に負担の少ない固い路面の後半セクションは楽しめた。目指すは最終ステージのサンディエゴです。

明日の最終ステージ、楽しみです。
スペシャル・ステージ13 暫定順位
1. #7 F.ロペス     KTM     03:44:54
2. #1 C.デプレ KTM +5:25
3. #20 P.ゴンカルベス ハスク  +5:29

6. #3 エルダー・ロドリゲス HONDA +9:37
11.#30 ハビエル・ピゾリト  HONDA +12:28
33.#33  ジョニーキャンベル HONDA    +38:10

暫定総合順位
1. #1 C.デプレ      KTM  41:37:18
2. #7 F.ロペス KTM +8:15
3. #11 R.ファリア  KTM      +14:41

7. #3 エルダー・ロドリゲス HONDA +1:14:56
8. #30 ハビエル・ピゾリト HONDA +1:26:23
41.#33 ジョニー・キャンベル HONDA +8:10:06

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。