ドゥカティ・デスモセディチGP13発表会時の映像!

来期の新GPマシン発表会時の映像です。ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデン、アンドレア・ドヴィツィオーゾ、プラマック・レーシングチームのベン・スピース、アンドレア・イアンノーネが出演。恒例の雪の中での発表会でした。

コメント

  1. cjjfish より:

    忙しそうですね。今夜からまた東京でも雪が降るようなので、そうなったらいさぎよく休んでくださいね。

    こちらはまだまだ春の気配はありません。まあこれからが冷え込み本番ですからあたりまえなんですが。前にもお話ししたように昨年父が亡くなり、母も認知症末期で、ここ数年とてもバイクに乗れる状態ではありませんでした。可哀想なZX-12R君は車検切れで手放すことになり、最後に乗ってあげることも出来ずにドナドナされていきました。全然乗っていないとバイクで走り出すことが怖くなりますね。視力、判断力が衰えてくるとやはり臆病になります。

    RIDEでは「バイクに乗り続けることを誇りに思う」ですが、これで「バイクに乗り続けたい!と思い続けることを誇りに思う」になります。しばらく「BAJA」が私のバイクになります。父の一周忌までには程度の良いEVOのローライダーを見つけて「ハイウェイの豚」として復活出来るようにがんばりたいと思います。それまでは片岡義男を読み直すアームチェア・バイカーでいます。

    また昔の画像の悪い動画ですが、このシーンに憧れたことを懐かしく思います。女を振るなどと言う悪行は絶対しませんでしたが・・こうやって荷造りしては旅に出ていました。

    湾岸道路 片岡義男 FXSTC・ソフテイル
    「元気でいろよ」

    もう一本、「バイク乗り」は世界中どこへ行っても「お馬鹿の代名詞」だって言う動画です。楽しそうですよ。

    http://www.dailymotion.com/video/k16rBLFSgwInvO8Nqr?start=106#.UPzRuaXxorQ
    • katu_rider より:

      cjjさんこんばんわ。仕事は大して忙しくなかったっす(笑)ですが、とても助かりました。ありがとうございました。

      バイクに乗り続けたいと思い続ける事。私は子供の頃から大人に憧れていたので、大人になって、自分の歳(体力を含めた)相応のオートバイがあるって事が楽しみです。なので、歳を取る事がそんなに嫌ではありません。(嬉しくはないですが)今まで、見向きもしなかったような周りの景色がよく見えるうちに、日本中の景色を見てみたいと思っております。

      コメントの返信、明日書きます。

  2. cjjfish より:

    今日は雨で良かった(良くはないか)ですね。こちらもなんと雨です。一番冷え込む時期に雨ですよ。昨日の朝はマイナス8度だったのに・・ホントにこれからの地球が心配になります。

    歳を取ること(重ねる)自体は誰もに訪れる必然ですものね。しょうがない。でもね、朝起きると身体のどこかが結構痛い、夜熟睡できない、体力が、視力が・・こう顕著に衰えが表れると辛いものです。そこに来て免許書換の写真がまるでじいさん!!取り直しをお願いしたいほどでした。まあ去年の違反で「3年ブルー免許」になったので三年後(還暦だぁ)には書き換えできますがね、チッ

    先日の高校の同級会で「次回は3年後、還暦前にやるぞ」などと幹事が宣言するモンだから頭の中で「還暦、還暦、還暦・・・」とこだましてます(笑)

    またお互い大好きなマン島ネタです。きっちり一周を解説付きで走っています。しょっぱなの3D地図初めて見ましたが結構山越えしているんですね。いつかマン島TT出場の時のために参考にして下さい。私は観客で良いです。

    TT Lap Guide with Milky Quayle and Johnny Barton
    Ride onboard with TT star Johnny Barton as Rider Liaison and TT winner Richard 'Milky' Quayle explains the intricacies of 37.73 miles of closed public roads....

    コメント楽しみにしています(^_^)

    • katu_rider より:

      雨でしたよ。寒かったです。ハンドルカバーのすき間から、上着の首もとからも雫が垂れてですね。ブルブルとしてました。春夏だけ仕事したい(笑)です。
      しょうがないっすよ。いいじゃないですか。ひょっとしたらそれが素敵!なんていう若い女もいるかもしれませんし(汗)
      でもそういえば、若い頃は「Don’t Trust 30’s over 」とか言ってましたけど、最近は聞かなくなりました。
      逆にそれだけ若者との乖離が進んでいるんでしょうか。私も若者との接点ってTwitterくらいしかないですし。
      ウ〜ン。イカンな。これは。

      動画スミマセン。遅れてますけどちゃんと掲載しますので。