あおり運転の末「衝突しても構わないと」殺意を認め懲役16年

スポンサーリンク

昨年7月大阪府堺市で起きた「あおり運転死亡事故」大阪地方裁判所堺支部は25日、殺人罪を適用し、中村被告に懲役16年の判決を言い渡した。中村被告はドライブレコーダーのSDカードを抜き取りポケットに隠し持っていたとされるが、それに対し「ドライブレコーダーの後半部分で被害者の若者を救護する声も収録されている、隠し持っていたのではなく、消されてはだめだと思い抜いた。」と言っている。100㎞近い速度でわざとぶつけておいて、救護活動をしたという、どうしようもないアホだ。全くやるせないニュースです、このまま刑務所に入ってれば良いのにねえ。


参考<AERA>

この記事をお届けした
動画ライダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
MOTO NEWS
スポンサーリンク
douga-riderをフォロー。
スポンサーリンク
動画ライダー

コメント

タイトルとURLをコピーしました