飯塚元院長のコメント 「予約していたフレンチの時間に遅れそうだった」

スポンサーリンク

「東京・池袋で今年4月、乗用車が暴走し、母子2人が死亡、10人が重軽傷を負った事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長が、「予約していたフレンチに遅れそうだった」と供述していたことがテレビ東京の取材で明らかになりました。」老人の事故というより、身勝手な人間による悲惨な事故だったのではないでしょうか。言うに事欠いてフレンチに遅れそうだっただなんて、よく言えたもんだ。ひど過ぎです。

この記事をお届けした
動画ライダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
MOTO NEWS
スポンサーリンク
douga-riderをフォロー。
スポンサーリンク
動画ライダー

コメント

タイトルとURLをコピーしました