中部運輸局男性職員 余った車検ステッカーで小型二輪に乗り懲戒免職。

CBCニュース
「国土交通省中部運輸局で自動車の登録業務を行う40代の男性事務官は、去年1月ごろ、業務で余った車検の標章を持ち帰り、自分のオートバイに貼ってことし10月まで運転していました。オートバイの車検はおととし10月に切れていて、男性事務官は、「車検を通す価値のないオートバイだった」と話しているということです。」
この男性職員、無保険だったことも下のプレスリリースより判明!


動画ライダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
MOTO NEWS
スポンサーリンク
拡散お願いします。
douga-riderをフォロー。
スポンサーリンク
動画ライダー

コメント

タイトルとURLをコピーしました