YZF-R1でダートトラックに参戦しているWade Boyd選手。

サンフランシスコ出身のWade Boyd選手の車載動画2本立てです。米国で開催されているダートトラックレースでは、ハーレーダビッドソンやドゥカティなどの2気筒マシンがほぼ100パーセントを占めている。2気筒マシンは低回転からタイヤのグリップを得やすい為、滑りやすい未舗装路での走行に有利だからだ。しかしWade Boyd選手は違った。変わり者だったのかもしれない。2007年製と言われるYZF-R1でダートトラックに参戦しているからだ。R1と言えば4気筒マシンの中でも超が付くほどのスーパースポーツマシンであり、高回転で高出力を得る舗装路用マシンだからである。一度滑ったらリカバリーが大変なはずである。ではなぜR1で参戦しているのか?その答えは分からないが、誰もやっていない事に挑戦してみたかったのかもしれない。2気筒マシンの低音が響くダートトラック場でひと際高い直4サウンドを響かせるWade Boyd選手とYZF-“DT-R1″このチャレンジ精神がステキ!(注タイヤのスライドに強いと言われるクロスプレーン搭載R1は2009年から)




動画ライダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
MOTO RACE / MOTOGP IOM.TT etc...
スポンサーリンク
拡散お願いします。
douga-riderをフォロー。
スポンサーリンク
動画ライダー

コメント

タイトルとURLをコピーしました