故ニッキー・ヘイデン AMAオートバイに殿堂入りする。

動画元AMA/American Motorcyclist Association記述より。グーグル翻訳抜粋。

故ニッキー・ヘイデンは、12月7日、オハイオ州ヒルトン・コロンバス/ポラリスで、2018年アメリカン・ホンダAMAモーターサイクル・オートバイ殿堂式授与式においてAMAオートバイ殿堂入りしました。

「ケンタッキーキッド」として知られているヘイデンは、2006年にオートバイレースで最も壮大なチャンピオンシップであるFIM MotoGPのタイトルを獲得、その世界の舞台に立つ前に、アメリカのオートバイレースシーンに力を入れていました。

1981年に生まれたヘイデンは、ヤマハYSR50、成長してからはホンダRS125を使い、フラットトラックやロードレースの若手のホープとしてレースしていました。彼の家族、特に両親のローズとアール・ヘイデンの全面的な支持のもと、ニッキー・ヘイデンは、多くのアメリカの草の根のレーサーと同じく実力でのし上がっていきました。 1997年には、史上初アマチュアのフラットトラックレーサーとしてAMAホライズン賞を受賞。この賞はニッキーがプロになっても継続的に成功する可能性が最も高いアマチュアレーサーであることを証明したものだった。

ホライゾン賞を受賞した「ケンタッキー・キッド」は、16歳でプロに転向。プロとして、ヘイデンはAMAグランド・ナショナル・チャンピオンシップ、プロ・フラット・トラック・シリーズ、AMAプロ・ロード・レースで競い合いました。

彼はアメリカのホンダのサポートチーム、Erion Hondaと1999年に契約し、AMA 600 Supersportクラスに参戦し、同じ年に600ccチャンピオンシップを獲得しました。ホンダはHaydenを2000年に工場のAMA Superbikeチームに移し、2002年にはAMA Superbike Championshipを獲得しました。 21歳で、ヘイデンはAMAスーパーバイクレースの歴史の中で最年少のチャンピオンになりました。

Haydenは2003年にRepsol Honda MotoGPに移籍し、2005年にはカリフォルニア州モントレーのMazda Raceway Laguna Secaで初のMotoGP勝利を収めました.MoGP世界選手権に勝利している間に2006年に再び優勝しました。

ヘイデンは2009年に工場のドゥカティチームに移籍し、2014年にホンダに戻りました。彼は2016年にホンダのFIMワールドスーパーバイクシリーズでレースを開始しました。

悲惨なことに、ヘイデンは2017年5月17日、イタリアで自転車トレーニング中に自動車事故に遭遇、頭部と胸部に重傷を負い、5日後の5月22日に帰らぬ人となってしまった。

そして今回、栄光の日の彫像が、AMAロードレースチャンピオンのトミー・ヘイデンに、AMAモーターサイクルホールのFamer Gary Mathersから発表されました。

トニー・ヘイデン氏は、「ニッキーよりもオートバイのレースを愛する人がいることは想像もつきません。 「彼は毎日24時間、オートバイを摂って、寝て、息を吸っていました。アイドルと英雄の多くは、AMAの殿堂のメンバーです。 AMAのオートバイ栄誉の殿堂、私は彼の最も誇り高い業績の一つであることを知っています。」


動画ライダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
MOTO RACE / MOTOGP IOM.TT etc...
スポンサーリンク
拡散お願いします。
douga-riderをフォロー。
スポンサーリンク
動画ライダー

コメント

タイトルとURLをコピーしました