「Team HRC」青山発表会の舞台裏。

昨日、2月21日(金)Hondaウエルカムプラザ青山にて発表された2020世界スーパーバイク選手権でのワークスチーム「TEAM HRC」とサテライトチーム「MIE Racing Althea Honda Team」その舞台裏映像が公開。森脇緑チーム代表と高橋巧選手が登壇、またチームメイトとしてジョルディ・トーレス選手と契約したと公表しました。

チェコ・プラハ拠点MIEレーシング代表&設立者 / 森脇 緑
「2020年のレースシーズンは非常に特別なものになるでしょう。ホンダとHRCに支えられて、ワールドステージでMIEレーシングの名前を目にすることを非常に誇りに思っています。この貴重な支援に非常に感謝しています。HondaとAlthea Racingとの強力な関係のおかげで、昨年WorldSBKの作業を開始し、現在では特別なバイクである新しいCBR1000RR-R Fireblade SPを使用して、HRCライダーの高橋巧との契約を更新しました。
ホンダウェルカムプラザ青山の特別な計らいで、ジョルディ・トーレス選手と契約したことをここで発表できることを嬉しく思います。ジョルディは、第3ラウンド(ヘレス)でMIEレーシングのアルテアホンダチームに参加します。
すべてが新しく、いくつかの非常に強力なライバルと戦っているので、厳しいシーズンを迎えていることはわかっていますが、2019年のシーズン中に得た経験と知識もあり、本当に価値があります。」
高橋巧 / ゼッケン13番
「今年、WorldSBKチャンピオンシップに出場できてとてもうれしいです。世界レベルでレースをすることは、初日から常に私の夢でした。今ではそれが実現しており、この素晴らしい機会を与えてくれたHRC、ホンダ、MIE Racingに感謝したいと思います。国際チームで働くのは初めてですが、コミュニケーションは良好で、私たちは同じ目標を共有していることにすぐに気付きました。大変な仕事であり、やりがいのあるシーズンになることはわかっていますが、最終的にどこに到達できるかを知りたいと強く思っています。可能な限り最高のレベルに到達するために最善を尽くします」。
ジョルディ・トーレス / ゼッケン81番
「ホンダとMIEレーシングアルテアホンダチームでWorldSBKチャンピオンシップに参加することができてうれしいです。私はチームと緊密に連携して、自分の経験を持ち込むだけでなく、チームから学ぶこともできます。努力を組み合わせることで、シーズンを通じてパフォーマンスと結果を継続的に改善できると確信しています。新しいHonda CBR1000RR-R Fireblade SPに乗ることを楽しみにしており、チーム、ホンダ、そしてすべてのファンのためにベストを尽くします」

アルバロ・バウティスタ/Team HRC
「HondaとHRCにとって重要なこのプロジェクトに参加できることを、大変嬉しく思います。Hondaやチームがこのプロジェクトに取り組む様子からは、非常にポジティブなエネルギーが伝わってきます。自分にとっても重要なことです。大きなチャレンジだと認識していますし、さまざまな難関があることも分かっています。我々は、少しでも早くトップの座にたどり着けるように、一緒に成長している新たなチームです。Hondaの戦闘力が高く、間違いなくトップを狙えるマシンで、強く、早く走ることがゴールです。ファンにとっても、自分にとっても楽しいシーズンになることを期待しています」

レオン・ハスラム / Team HRC
「今回、東京に来て、何もかもがリアルに感じています。Hondaの本社に来て、開幕戦はすぐそこに迫っています。夢がカタチになったようです。結果を出したいし、それが実現できるマシンだからこそ、自分は非常にエキサイトしていて、なおかつ少しナーバスな気持ちです。ベストを尽くし、いい結果を出す準備はできています。開幕戦のフィリップアイランドは過去にいい結果を出した、相性のいいコースです。もちろん、ライバルがどう出るかはその時にならないと何とも言えませんが、非常に楽しみです」

コメント

タイトルとURLをコピーしました