カワサキZX-14R・288kmクラッシュシーン@ボンネビルソルトフラッツ。

エドワーズ・レーシング・ファミリー・チームは2006年式カワサキZX14Rで多くの成功を収めたチームです。この映像はデビッド・エドワーズ氏が高速走行中にウォブル(高速走行時に起こる横揺れ現象の事)が発生し、177mph以上、約288km以上でクラッシュしたものです。


デビッドさんは肋骨を3本、肩甲骨を粉砕、肺が破裂したそうですが、幸い大事にはいたらず!またボンネビルへ帰って来るそうです。スゴい!チャック・チャック・イエーガー!

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしております。